実印・銀行印・認印について

1・具体的な用途により、判子のサイズを選びます

シーン1
シーン2
シーン3

・銀行口座を新規開設する時

・銀行印を変更する時

・結婚などで姓が変わり、口座名

 義を変更する時

・不動産取引の時

・保証人になる時

・自動車購入の時

・契約書や遺言書などの公正証書

 を作る時など

・家庭での宅急便や書留の受取り

・回覧板の確認

・職場での給料の受領

・各種書類・伝票

実印

上記のような社会的に重要な約束事に使用する判子です。市区町村役場で「印鑑登録」の申請を行い、印鑑証明書の交付を受けると、申請した判子が「実印」となります。

実印おすすめのサイズ

男性用

姓名

男性用

姓名

男性用

姓名

女性用

姓名

or

名のみ

女性用

姓名

or

名のみ

女性用

姓名

or

名のみ

銀行印おすすめのサイズ

認印おすすめのサイズ

金融機関での預貯金口座開設、金銭の

出納に必要となる判子です。その他、

お金にまつわる約束事などを管理する際にも使用する判子です。

印鑑証明書を必要としない契約や約束事、物事の受理の際に必要な判子です。日常生活や職場で最も多く使用しますが、効力は他の判子と等しく、

自身の責任を認める判子になります。

銀行印 認印

2・印材(判子の材質)を選びます。

印材は大きくわけて、木・角・牙・石とあります。実印・銀行印は長い期間にわたり使用し続ける道具ですので、

劣化の少なく、使い込むと味わいも出る動物性の素材(牙、角)を使用するのがおすすめです。

また、木製印も樹脂などで加工するなど、印材用として加工されていますので、安心して使用していただけます。

 

小島印房では、さまざまな印材を取り揃えております。

ご予算や、材質の品質、また見栄えや手にした時の感触から、馴染むものをお選びいただければと思います。

 

*印材の種類・価格はこちらの表をご確認ください

印材の種類

木や牙などの天然素材から、さまざまな種類の印材をご用意しております。

ご予算や、材質の品質、また見栄えや手にした時の感触から

お客様に馴染むものをお選びいただければと思います。

判子のお手入れに関してはこちらから⇨

©Copyright 2015 Kojimainbo. All rights reserved.