小島印房の日記 判子、仕事、人生、まちづくり、自営業 などについて店主が諸々書き綴ります。
小島まゆみ(妻)が担当 版画印やスタンプなどのweb販売 小島印房の分室
日々読んでいる本の紹介

羊のしるし道具店のホームページはこちら

FACEBOOK

小島印房について
天神堂小島印房

小島印房は判子屋です。

昭和8年の創業以来、多くの人に支えられ、判子に携わってきました。

 

判子はメソポタミアからはじまる長い旅の中で日本にもたらされ、

証拠や信用のしるしとして重要な意味を与えられてきました。

今では、人生の節目や、意思のしるしとして、日々の生活に定着しています。

大切な書類に押す判子から、花押や落款、手紙に押すスタンプまで、

幅広い種類のものがあります。

 

大切な契約などの際、判子を押す前に一呼吸、名前が彫られた印面を確認します。

これは、印面の上下を確認する為でもありますが、

もう一度、自分の意思を確認する為の時間でもあります。

自分の名前を見つめるその瞬間、自分自身の内側と通じるような感覚になります。

判子は、それぞれの節目や決断の時に、ひとりひとりの気持ちに寄り添う道具です。

だからこそ、判子はその人らしくあってほしいと思っています。

 

小島印房では、末永くお使いいただく道具として、大切に判子をお作りしています。

人生に訪れるひとつひとつの選択が、その人らしくあるように。

そんな気持ちを込めて判子をお届けできればと思っております。

©Copyright 2015 Kojimainbo. All rights reserved.